HOME > 当院のご紹介 > スタッフインタビュー > 上井戸課長

>> 前のページへ戻る

スタッフインタビュー[上井戸課長]

「患者様やスタッフに感謝する毎日です」という課長の上井戸さん。静岡共立クリニックにある3つの透析室をとりまとめる立場として、どのような気持ちで働いているのかお話をうかがいました。
(1)気軽に話しかけていただけるように
(2)スタッフが一人一人の力を発揮してくれる職場

(2)スタッフが一人一人の力を発揮してくれる職場

-課長さんとして職場をとりまとめているお立場として、一番大切に考えていることは何ですか。

(上井戸課長)
スタッフのことです。スタッフのことが一番大切です。
とくに透析医療では、ここにいるスタッフの誰が欠けても良い医療は提供できないと思っています。
静岡共立クリニックのスタッフはそれぞれが優秀な専門家で、患者様のための何の仕事をすれば良いのか自ら考えられる、モチベーションが高い人ばかりです。
医療施設が実現すべきことは「患者様に良い医療を提供すること」ですが、誰か一人だけで患者様をみることはできません。チームワークが大切です。私の役目は、チームワークで、スタッフ一人一人の力を発揮してくれる環境を整えることだと思います。

-課長さんの役割も大変なのですね。

(上井戸課長)
課長として十分に出来ているとは思えませんが、患者様とスタッフが笑顔で話しているのを見ると嬉しいです。現場を離れた私はちょっと寂しいですけれど(笑)、これまでとは違う喜びもありますね。

-先ほど電話が来て、このインタビューを中断しました。お忙しいですね。

(上井戸課長)
スタッフから「シャントのことで、ちょっと判断が難しいので意見を聞きたい」という電話がありました。
頼ってくれるのは嬉しいですね。難しい質問もあるので、一生懸命に勉強もしなくてはいけないです。

-課長さんも勉強するのですね。

(上井戸課長)
たくさんありますよ。本当に勉強の毎日です。

-スタッフさんに勉強する機会を提供するのも大事なお仕事なのでしょうね。

(上井戸課長)
はい。
患者様により良い医療を提供するためには、学ぶことはとても大事なことです。
幸い、静岡共立クリニックには、素晴らしい教育カリキュラムをはじめとして、学びのための素晴らしい仕組みがあります。
これから、スタッフのみんなと、ますます高品質な透析医療を共につくりあげていきたいと思います。

-素晴らしいスタッフさんが揃っているので実現しますね。

(上井戸課長)
はい。私は、この静岡共立クリニックが好きです。大事にしていきたいです。
助けられてばかりいる課長で申し訳ないのですが、これからもよろしくお願いしたいと思います(笑)

-今日はありがとうございました。

(上井戸課長)
こちらこそ、ありがとうございました。