透析治療をなさっている方のお食事について

● お食事について

1) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事の大切さと食事療法〜
2) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事療法/水分管理〜
3) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事療法/塩分制限〜
4) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事療法/カリウム制限〜
5) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事療法/リン〜
6) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事療法/カルシウム〜
7) 食事療法を続けるためのご家族のサポートについて(1)
8) 食事療法を続けるためのご家族のサポートについて(2)
9) あなたの友人や職場の同僚に透析をお受けになっている方がいる場合
10) カリウムの制限とは具体的にはどのように行うのか?
11) カリウム制限が必要な方のための野菜の調理
12) 食事療法でのリンとカリウムの制限
13) 透析前に必ずグレープフルーツジュースを飲む?

■食事療法でのリンとカリウムの制限

食事療法ではリンの制限はどのようにしたらよいでしょうか?

これがなかなか難しいのです。
リンは動物性のタンパク質、特に乳製品と魚介類に多く含まれています。
ですから、牛乳やチーズ・ヨーグルトなどとお魚を制限すれば、 かなりリンが制限されます。

それでもリンが下がらない患者さんも多いです。
また、制限ばかりでは食事がつまらないものになってしまいます。
そのために、クスリで下げるということもあります。
(主治医の先生と相談してそれぞれにあった方法で管理してください)

リンの値の目標は6.0mg/dL以下ですが、これを大きく 上回ってしまっていて、しかもお薬を増やすことができない 状態であれば、やはり乳製品と魚介類は減らしてくことになります。

次にカリウムについてです。

カリウム制限は、生野菜とくだものの制限が主体となります。
生野菜はゆでこぼしをしていただければ、カリウムを減らすことができます。
野菜やくだものには食物線維が多く含まれていますから、 カリウム制限をすると、便秘になってしまう方がいらっしゃいます。
そのような場合には、もやし・ゴボウ・わかめなどが 食物線維を多く含み、カリウムが比較的少ないので、 まずまず安全に食べていただけます。

カリウムを下げるクスリもありますが、飲みにくいクスリが多いようです。
しかも、便が硬くなってしまうことが多く、食事制限で 便秘がちな方に、こういったクスリを使うと、ますます便秘が悪化する ことにもなりかねません。
リンを下げるクスリにしても、カリウムを下げるクスリにしても 効果が出る、正しい飲み方というのがあります。
イヤなクスリをのむわけですから、正しい方法で利用してください。

できれば、万全の体調管理のもと、おいしく、楽しいお食事にして いただきたいと思います。

次のコラム

▲ページトップへ