透析治療をなさっている方のお食事について

● お食事について

1) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事の大切さと食事療法〜
2) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事療法/水分管理〜
3) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事療法/塩分制限〜
4) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事療法/カリウム制限〜
5) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事療法/リン〜
6) 自分の食事のことをまず知ろう〜食事療法/カルシウム〜
7) 食事療法を続けるためのご家族のサポートについて(1)
8) 食事療法を続けるためのご家族のサポートについて(2)
9) あなたの友人や職場の同僚に透析をお受けになっている方がいる場合
10) カリウムの制限とは具体的にはどのように行うのか?
11) カリウム制限が必要な方のための野菜の調理
12) 食事療法でのリンとカリウムの制限
13) 透析前に必ずグレープフルーツジュースを飲む?

■カリウム制限が必要な方のための野菜の調理

カリウムは生野菜やくだものに多く含まれていますが、 透析をお受けになっている方は、このカリウムが 体内にたまりやすく、血液の中の濃度が高くなると 心臓が止まってしまうことがあるので、血液検査の値を みながら、カリウム制限の指導が行われます。

生野菜の場合はゆでこぼしてから、くだものの場合は 缶詰を用いることがよく勧められます。
野菜をゆでこぼすのは、野菜の中のカリウムをゆで汁の中に しみ出させて、それを捨ててしまうことが目的です。

食品の中の成分には、加熱をすると壊れてしまうものがあります。 たとえばビタミンCなどがそうです。
けれども、カリウムは熱を加えても壊れません。
ですから、炒めるときにも、その前にゆでこぼしをする必要があります。 もちろん、ゆで汁は使わないで捨ててください。
もったいないですが、この中にたくさんのカリウムがとけ込んでいるのです。

次のコラム

▲ページトップへ