看護のチカラ
「看護のチカラ」トップページ > 6.看護師としてスキルアップできる環境
  < 前のページへ戻る

6.看護師としてスキルアップできる環境

●スキルアップは患者様のためになる

現代の透析医療において「看護の力」は、とても重要なのです。
ですから「スキルアップできる環境であることは」医療を提供する施設としてとても重要なことなのです。
また、女性が多い看護師においては、働きやすいだけでなくスキルアップのための環境も大切だと考えています。

●ケーススタディーを通して成長していただきます

看護において、良かったこと悪かったことの両面から「なぜそうなったのか?」というケーススタディーをやっています。それによって、良かったことは次にも展開していきますし、悪かったことは修正できます。
「自分の看護への裏付け(根拠)」ができることで、大いにスキルアップできます。

●大いに資格を取得してください

資格をとって、どんどん専門性を高めていただいて、結果的にそれを患者様の看護に役に立てていただきたいと願っています。
職場の理解も高いですし、長期の勉強のための休職制度もあります。

●自分の看護結果が検証できます

透析医療のほとんどは外来です。
自己管理が必要な患者様の、通常の生活をしている「看護師から見えない部分」の看護も求められる。
それには患者様の見方、接し方にもコツがあるものです。
そして、慢性疾患の患者様ですから、ずっと患者様を見続けることになります。
あなたの看護結果がすぐにあなたに戻ってきます。うまくいく時ばかりではないでしょう。結果を受けとめ、改善することが、あなたのスキルアップにつながるものと思います。

●透析医療での看護は、看護レベルが高いと考えます

透析医療を受けている患者様は、高齢者の方が多く、生活習慣病を抱え、認知症の方もいたりと、体もメンタルも含めた全身を看るという看護が求められます。
それは、超高齢者時代に求められる看護のスキルだと思います。
その看護を習得していただくことは患者様のためになることですから、自然と高いレベルの看護が身に付きます。
「透析施設に勤めると透析しかできなくなってしまう」というのは昔の話です。
あなたのスキルアップにぜひお役立てください。