HOME > 当院のご紹介 > スタッフインタビュー > 業務改善委員会

>> 前のページへ戻る

スタッフインタビュー[業務改善委員会・八木さん]

業務改善委員会の八木さんに、患者様からみた業務改善活動の意義や効果についてお話をうかがいました。

(1)スタッフ全員が意見を出して、業務改善活動を実施
(2)穿刺や返血の作業時間の短縮分を、患者様と向き合う時間に
(3)患者様の安全を確保し、十分にご理解いただきながらの改善活動

(1)スタッフ全員が意見を出して、業務改善活動を実施

-こんにちは。今日は業務改善委員会の活動について教えてください。よろしくお願いします。

(八木さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

-業務改善委員会というのは初めて聞いた名前です。どのような活動をされているのですか。

(八木さん)
業務改善委員会が発足した背景としては、最近ますます患者様数が増加傾向にあるということがあげられます。
そのような状況下でも、これまでと同等以上の透析医療水準を実現するために業務改善を行う必要がありました。

-なるほど。業務と言っても様々で、ある程度決まっている日々の業務もあれば、患者様それぞれのお身体の状況に合わせた業務というものもあると思いますが。

(八木さん)
そうですね。
日々の業務については、無駄な作業、ミスしやすい作業になっていないかを再検討して、どのように改善していったら良いかを検討してきました。
まずは問題点を把握していくために、スタッフそれぞれが日頃思っていることを書き入れていくための「業務改善提案シート」をつくりました。

-確かにシート提出は意見が出しやすいですね。

(八木さん)
根本に「スタッフそれぞれの意見を尊重をして進めていきたい」という想いがありました。
日々の業務では、それが当たり前と思ってやっているスタッフもいれば、何か効率的でないと感じているスタッフもいると思います。普段から意見交換をしていますが、業務改善となると言いにくい事があるかもしれません。意見を出しやすい環境を整えたかったです。

-作業が効率化される部分があると、時間と気持ちに余裕ができそうです。

(八木さん)
はい。日々の業務が改善された結果を、患者様にとってのメリットに繋げていくことが大切になります。

-改善はどのように進めていったのでしょうか。

(八木さん)
まずは、業務改善委員会で検討をして、その検討結果をシートに記入します。
改善していくことになった案件については、課長から意見ももらいながら改善策を検討して、それをクリニック全体で取り組んでいくという流れにしました。

-提案シートは紙に記入する形なのですね。

(八木さん)
気になった時にすぐ書けるようにと考えて、電子カルテの近くに常にこの用紙を用意しておきました。
それを業務改善シート専用の箱に投入してもらいます。

-気が付いたらすぐに書けるというのがいいですね。

(八木さん)
実はシートが集まるのか心配していたのですが、思った以上にシートが集まって安心しました。
本当に細かいことから、大きな改善まで様々な意見が集まりました。
現在は、業務が改善されてきたこともあって、提出されるシートの数が落ち着いてきましたが、改善への意識が薄くなっているといけないので、どのようなフォローをしていくのが良いか検討しているところです。