HOME > 在宅介護の方のための透析医療総合窓口は看護師

>> 前のページへ戻る

在宅介護の方のための透析医療総合窓口は看護師

看護師が窓口だから、家族も介護の方も聞きやすい

静岡共立クリニックの医師は看護師をはじめとするスタッフの意見を尊重し、チームで医療を行う「チーム医療」を実現しています。「親しみやすく、わかりやすい説明ができる医師」がモットーですが、残念ながら、一般的な印象としては「医師はとっつきにくいもの」があります。在宅介護サービス提供者の皆様からすると相談しにくいイメージがあっても致し方ないと考えます。
そこで、静岡共立クリニックでは、在宅介護の方との窓口となるのも看護師としています。また、透析治療をしている患者さんと最も関係が深い看護師は、在宅介護サービス提供者との情報共有窓口として適任な存在なのです。

このページの先頭へ

どのようなことでも看護師にお気軽に声をかけてください

介護の専門家の方々からしますと、医療の世界はわからないことだらけでしょう。その逆もいえます。医療の専門家にすると福祉の世界はわかりにくいともいえます。これは患者さんにとっても同様です。
静岡共立クリニックは、医療に従事する者が「専門知識をもっていない人に説明をして、理解されない」のでは医療とはいえないものと考えています。
静岡共立クリニックのスタッフは、わかりやすい説明を心がけていますが、わからないことがあれば、ご質問いただければと思います。まずは、基本的なことから始めて、介護を担当する利用者さんの状況にあわせて、少しずつ理解を深めていただくようにすることは、透析医療を提供する静岡共立クリニックの大切な役割です。
介護をしてくださる方=患者さんのご家族と考えれば当然のことなのです。

このページの先頭へ

看護師と上手につきあうには

静岡共立クリニックでは、利用者さんのお世話をしているヘルパーさんがもっとも連絡がとりやすい形で情報共有をしています。その代表的な方法が、(介護で使っている)利用者さんの連絡ノートに、看護師も記入をさせていただいたり、透析治療におみえになった時に読ませていただくことです。もちろん、あらたに看護師専用の連絡ノートをご用意することもできます。
それから、送迎でつきそいをされることがあれば、その場でお話しさせていただくこともあります。
また、介護プランを新規立案したり、見直す必要がある場合などには、ケアマネージャーさんからのご相談をうけたまわる場合もあります。
利用者さんの体調について不安があったり、どのような介護をしたらいいのか迷ってしまうこともあるかと思います。そのような場合はご遠慮なく、看護師に相談することをおすすめします。