城北共立クリニック通信

患者様とスタッフ合同で避難訓練を実施しました。

施設の災害対策マニュアル、患者様用マニュアルを見直しました

東日本大震災以降、災害対策に関する考え方が変わってきた部分があります。城北共立クリニックでは災害対策委員会が中心となって、施設の災害対策マニュアル、患者様用マニュアルを見直しました。また、見直した活動を 「災害の備え~クリニックとして出来ること」としてまとめ、学会発表する予定です。

患者様とスタッフの合同避難訓練

見直した災害対策マニュアルに則った形で、患者様と合同の避難訓練を実施しました。

地震発生!
院長の指示で素早く行動
できるだけ患者様の近くへ
避難用すべり台も体験

患者様へのアンケート結果のご紹介

今回の避難訓練にご協力いただいた患者様にアンケートを実施しました→PDFファイルでご覧頂けます

1.透析中に地震が起きた時の姿勢は分かりましたか?
2.災害時の注意事項等、放送内容をご理解いただけましたか?
3.家族との連絡場所の確認はしてありますか?(※中央高校です)
4.透析条件カードは常に携帯していますか?
5.ご自分のドライウエイト(基礎体重)はご存知ですか?
6.ドライウエイト(基礎体重)が変わった際、透析条件カードも書き直していますか?
7.災害伝言ダイヤルの方法は分かりましたか?
8.災害伝言ダイヤルは利用してみましたか?
9.止血ベルトを机の上または枕元等に、ポーチから出して直ぐに使用できるよう準備出来ましたか?
10.災害用のパンフレットを読み直して頂きましたか?
11.避難口は確認できましたか?
12.その他ご意見がありましたら、ご自由にお書きください。

【過去の通信】
スタッフ全員参加で避難訓練を実施
患者様に"透析ライフ"を楽しんでいただくための当院の取り組み
電子カルテ・透析支援システムのメリットと必要性について
避難訓練の実施と患者さんへのアンケート/大震災後の医療支援の経験を活かして