HOME > 当院のご紹介 > スタッフインタビュー > 横澤匡紀さん

>> 前のページへ戻る

スタッフインタビュー

工業用機械をメンテナンスする仕事から、臨床工学技士になった横澤匡紀さん。患者様とふれあい、患者様の体調が良くなることに大きな喜びを感じてお仕事をされているそうです。
(1)人とふれあう仕事を求めて転職をして本当に良かった
(2)患者様の声に耳を傾けることが、問題の解決につながっている
(3)一緒に働くスタッフの”患者様のために一生懸命仕事に取り組む姿”に刺激をもらっている

(3)一緒に働くスタッフの”患者様のために一生懸命仕事に取り組む姿”に刺激をもらっている

-最近、横澤さんが取り組まれたことで嬉しかったことを教えてください。

(横澤さん)
血液を止める役割をする血小板の値が下がってしまった患者様の分析をしたところ、ダイアライザーが原因ではないかという結論に達しました。医師と相談してダイアライザーを変えたら、劇的に良くなったということがありました。

-患者様も喜ばれたことでしょうね。

(横澤さん)
はい。私もとても嬉しかったです。
同じような症状に対する他施設の実績データを活用する場合もありますが、仮説を立てて実行して、評価と改善を繰り返していく仕事です。
全てが患者様に直結している、とてもやりがいがある仕事です。

-城北共立クリニックで働いていて、職場として良いところだと感じる点を教えてください。

(横澤さん)
ここで働き始めてからずっと、スタッフの患者さんに対する姿勢が素晴らしいと感じています。本当に一生懸命に取り組んでいることが、すぐわかりました。
「こういう気持ちで仕事をしなくてはいけないんだな」と、とても良い刺激をもらいました。

-それはマニュアルだけでは達成できないところですか。

(横澤さん)
そうですね。もちろん、指針としてのマニュアルは必要だと思います。
スタッフは、これまで経験してきた透析治療以外の様々な医療知識も活かして仕事をしています。ですから、仕事への考え方や、実際にどのようにするのか等、ここで働き始めて学んだ事がたくさんあります。
特に、看護師さんには「さすがだな。」と思うところがたくさんありますね。

-たとえばどのような点ですか。

(横澤さん)
患者様への話し方一つ取っても違います。
私が患者様に説明しても納得してくださらなかった時、看護師さんが話を聞いていたら、あまり説明しなくても「うん。わかったよ。」と患者様が納得されていました。患者様の心を開いていくコミュニケーション力はすごいと思いました。

-地元に戻られてきて、静岡での暮らしはいかがですか。

(横澤さん)
やはり、いいですね(笑)
地元密着で仕事をしている実感があります。
患者様とお話していても、子どもの頃の思い出を共有できるのは地元ならではだと思います。患者様との距離がグッと近くなります。

-お仕事としてのステップアップもお考えになる頃と思いますが。

(横澤さん)
年齢的にも経験年数としても中堅職員としてリーダシップを発揮していくことを求められる時期かなと感じています。皆さんに認めてもらえるように頑張りたいと思っています。

-横澤さんのリーダーのイメージを教えてください。

(横澤さん)
きちんと芯を持って進む方向を見定めることと、患者様やスタッフとのコミュニケーションが大事だと思います。素晴らしいスタッフばかりなので、みんなから勉強して、自分も成長していきたいです。

-なるほど。素敵ですね。ありがとうございました。

(横澤さん)
こちらこそありがとうございました。