HOME > 当院のご紹介 > スタッフインタビュー > 横澤匡紀さん

>> 前のページへ戻る

スタッフインタビュー

工業用機械をメンテナンスする仕事から、臨床工学技士になった横澤匡紀さん。患者様とふれあい、患者様の体調が良くなることに大きな喜びを感じてお仕事をされているそうです。
(1)人とふれあう仕事を求めて転職をして本当に良かった
(2)患者様の声に耳を傾けることが、問題の解決につながっている
(3)一緒に働くスタッフの”患者様のために一生懸命仕事に取り組む姿”に刺激をもらっている

(2)患者様の声に耳を傾けることが、問題の解決につながっている

-患者様だけでなくスタッフさん同士の関わりも多いと思いますが。

(横澤さん)
はい。
透析施設では医師、看護師など複数の専門職の人と働くので、いろいろな話が出来ます。
とても楽しく勉強になる環境で、自分の成長につながると考えています。

-臨床工学技士さんのお仕事で、とくに大事だと考えていることは何ですか。

(横澤さん)
安全な透析医療を提供することが第一の目的になります。
そのために、透析機械のメンテナンスに力を入れています。たとえば、ほんの微量な水漏れで過除水といった危険な状況が起こる場合があります。
また、透析液の濃度等、数値で正確に管理することも安全性向上のために大切なことです。

-緊張を伴うお仕事ですね。

(横澤さん)
そうですね。
だからこそ、臨床工学技士同士でのチェックやフォローというのが必要だと思います。
個人の力も大切ですが、チームで成果を上げていくことも大切だと思います。

-臨床工学技士さんの「臨床」部分はいかがでしょうか。

(横澤さん)
患者様とのコミュニケーションが基本になると思いますが、患者様によって適した接し方、話し方があるので難しいですね。
たとえば、ご高齢の患者様でも気さくな接し方を好む方もいれば、丁寧な接し方を好まれる方もいます。

-「ちょっと身体が重いような気がする」と言った漠然とした訴えもあると思いますが。

(横澤さん)
そういった漠然とした訴えをしっかり受け止めるのも大事だと考えています。
ですから、体調のことだけでなく生活環境や精神面なども含めて、患者様を理解することが大切ですね。
実は、そういったことは臨床工学技士の仕事でなく、看護師の仕事だと考えていました。
しかし、患者様の声に耳を傾けることが、問題解決につながっていることがわかりました。そうして解決できた時の喜びはとても大きいですね。

-お医者さん、看護師さん、臨床工学技士さんそれぞれに問題解決のアプローチに特徴があるのでしょうね。

(横澤さん)
そうですね。たとえば、血液検査の結果から計算式を用いて、現在の患者様の状態を把握して「こういう数字が出ているので、お困りの症状の原因はこれかもしれません。透析条件をこのように変えてみましょうか?」といった提案を医師にすることもあります。
そういったことが臨床工学技士の特徴かなと思います。

-患者様の漠然とした訴えが、数字に表れることがあるのですか。

(横澤さん)
あります。それが問題解決の糸口になります。
その糸口をたどっていき、患者様の体調が良くなると本当に嬉しいです。やりがいがありますね。