透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(478)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(23)
透析治療について(188)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
仕事(5)
合併症(115)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(31)
医療・介護従事者からの質問(16)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q477.

透析をはじめて4年になります。インタクトPTHの値が、2年前は180でしたが、200、300と徐々に上がり、現在は500代になってきて心配しています。生命予後に関わる数値と聞いたことがありますが本当でしょうか。インタクトPTHは、透析年数によって上がってくるものですか。数値を下げるために有効な食材などはあるのでしょうか?


●インタクトPTHとは

PTHとは副甲状腺ホルモンのことです。

このホルモンは骨を溶かして、血液中のカルシウム濃度を維持する役目を果たしています。

そのため、PTHが高いと骨が悪くなる(骨密度が低下して、骨折しやすくなる)のですが、それだけではなく、血管の石灰化などから生命予後に関わることが知られています。

●透析年数との関係とコントロールの目安

透析年数が長くなると、インタクトPTHは上昇しやすくなります。

高値の状態が続くと生命予後が悪くなることがしられています。

そのため、日本透析医学会のガイドラインでは、インタクトPTHの値を60−240の間にコントロールするように推奨されています。

●数値を下げるために有効な食材

PTHはリンが高いと上昇しやすくなることがわかっていますので、食事内容としては、リンを制限することが有効です。
また、リンを低下させる薬剤も使用されます。

食材として、PTHを下げるのにお勧め、と言うものはないと思います。

[回答日 2018/7/30]

 

▲ページトップへ