透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(476)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(23)
透析治療について(187)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
仕事(5)
合併症(114)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(31)
医療・介護従事者からの質問(16)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q472.

透析治療が終了して、返血の時に動脈側の回路を見ると約1メーター程、返血してもらえていません。これは一般的なものなのでしょうか?


●返血と残血について

私の知る限り、きれいになるまで返血をする施設が圧倒的に多いと思います。

私どものクリニックにおいても、回路内に血液が残らないように、つまり、回路が赤く見えなくなるまで、返血をしております。

透析をお受けになっている方は、貧血になることが多いですが、その原因の一つが「残血」であると言われています。

残血は、ダイアライザーの中や回路の中に血液が残ってしまうことを指します。

ですから、貧血の対策を考えた時に、血液をきちんとお体に返すことが重要であると思っております。

●血液を残す理由を考える

さて、透析治療をお受けになっている施設が、どうして1メートルほど血液を残すのか?ということを考えてみました。

私に思いつくのは、返血量(返血の際に使う生理食塩水や透析液の量)を減らすためことかもしれない、ということです。

ただ、そうであれば、動脈側の回路だけ残していることの理由にはなりませんので、違う理由があるのかもしれません。

現在、透析治療をお受けになっているところの主治医の先生や、臨床工学技士にお聞きになっていただきたいと思います。

[回答日 2018/5/16]

 

▲ページトップへ