透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(476)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(23)
透析治療について(187)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
仕事(5)
合併症(114)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(31)
医療・介護従事者からの質問(16)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q466.

透析は長時間ですが、トイレに行きたい場合はどうするのでしょうか?主治医から毎日便を出すよう言われていて、毎日下剤を飲んでおります。透析中に排便があることは間違いないので教えてください。また、風邪など、体調が悪い時でも透析はやるのでしょうか?


●透析治療を中断してトイレに行くことが可能

御質問の通り、血液透析は一回の治療時間が3〜5時間(場合によっては6時間以上)と長時間に及びます。
その治療中にトイレに行きたくなることは、珍しくありません。

その場合には、治療を中断してトイレに行っていただくことが可能です。

血液透析では、針を2本刺しますが、その針は刺したままでトイレに行っていただきますので、治療を中断しても、針の刺し直しはしなくても大丈夫です。

●下剤の服用について

また、下剤を飲んでいらっしゃるとのことですが、血液透析治療が開始された後、例えば、透析治療の前日には下剤の服用をおやめいただくなどの、調節をすることもあります。

お通じがきちんとあることは、とても大切ですので、下剤の中止については、透析治療が開始された後、透析の主治医の先生や透析室の看護スタッフと相談の上、お決めになって下さい。

●風邪などで体調が悪い時も透析治療は行う

風邪などで体調が悪い時でも透析治療は行います。

毎年、冬になるとインフルエンザが流行しますが、例えばそのインフルエンザで高熱が出ている時にも、透析治療は行わせていただきます。
(もちろん、私たち法人のクリニックでは、他の患者さんへ感染しないように、出来る限りの対応をしています)

体調が悪いからこそ、透析のために医療機関においでいただき、その体調不良に対しても、必要な治療をさせていただくことが大切です、という説明をしてしております。


[回答日 2018/2
/16]

 

▲ページトップへ