透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(478)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(23)
透析治療について(188)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
仕事(5)
合併症(115)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(31)
医療・介護従事者からの質問(16)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q465.

透析3年の68歳の男性です。オンラインHDFに切り替えました。「いいことずくめのHDF情報」がネット上には散見されますが、体内に透析液が入る事の弊害などは本当に無いのでしょうか。また、オンラインHDFの弊害はありませんか。


「いいことずくめのHDF情報」と言われればその通りです。
全患者さんをオンラインHDFで治療している、というクリニックも珍しくなくなってきております。
メリットの多いHDFですが、デメリットもあります。

●HDFのデメリット(1)

まずは、ご心配されているように、透析液が体に入ることです。
直接透析液が血管の中に入るのですから、透析液が汚染されていてはいけません。

透析液の清浄化といいますが、厚生労働省からHDFに使用する際の透析液の基準が出ています。
この基準を外れて、細菌などで汚染された透析液が使われると、お体には悪い影響があります。

透析液の清浄化は、各透析施設で臨床工学士が懸命に取り組んでいます。
私たちのクリニックでは、清浄化の値を患者さんに公開しております。

●HDFのデメリット(2)

もう一つ、代表的なデメリットとしては、栄養が除去されてしまうことがあげられます。

HDFは分子量の大きな(粒の大きな)尿毒素を除去することができます。

ところが、分子量の大きな物質には栄養分もあり、HDFでは通常の透析よりも栄養分(特にアミノ酸やアルブミンと呼ばれるタンパク質など)が除去されてしまうことがわかっています。

これに関しては、定期的な血液検査をチェックしながら、栄養分が不足して来た場合などには、通常の透析に治療を戻したりしています。

主治医の先生とも十分にお話しされてみてください。


[回答日 2018/1/30]

 

▲ページトップへ