HOME > 透析Q&A > 年金 障害年金 介護 介護保険

>>前のページに戻る

透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(454)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(177)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
合併症(108)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(27)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q449.

姉が2年前から透析を受けているのですが、最近毎日気持ちが悪く、1日1回〜2回吐いてしまいます。貧血状態になり胃カメラを受けて、十二指腸があれているとの事で、2週間程点滴治療を行い入院致しました。2ヶ月後の血液検査では、貧血もなくリンも大丈夫でした。気持ち悪くなる原因はなんでしょうか?また、便秘で3日とか出ない時もあります。出てもコロッとしか出ないそうです。便が出ない事にも気持ち悪い原因があるのでしょうか?


胃カメラで重大な病気がなくて、胃炎あるいは十二指腸炎だけだったのに、入院が必要なほど嘔吐をしてしまう、とのことですね。

●胃カメラで観察できること、観察できないこと

胃カメラで観察をするのは、粘膜の状態です。
そして、癌や潰瘍や炎症を見つけるのですが、上に書きましたように、十二指腸炎は、それほど重大な病気=命に関わる病気とは考えられません。

それでは、胃カメラでは観察できないことは何でしょうか。
それは、胃や十二指腸の機能(はたらき)がいいかどうかです。
胃や十二指腸の役割は、食べ物が入ってきたら、それを胃液などと混ぜて、こなして、小腸の方に送ることです。
胃カメラでは、この「はたらき」がいいかどうかをチェックすることができません。

●機能性胃腸障害について

お姉様の場合は、おそらく胃や十二指腸のはたらきが悪くなってしまっているのだと推測します。

胃のはたらきが悪いと、お食べになった食物が、いつまでも胃の中にとどまっています。

また、食べ物を小腸に送るのは、胃が小腸に向かって、蠕動(ぜんどう、と読みます)をしているからですが、この蠕動が反対側に動いてしまうと、食べ物が食道の方に移動してしまい、嘔吐をすることになります。

こういった状態は「機能性胃腸障害」と呼ばれており、腎臓の悪くない方にも増えてきていることが知られています。

●糖尿病との関係

透析をお受けになっている方の中でも、糖尿病のある方に、この機能性胃腸障害が多いのですが、お姉様は糖尿病を合併されているでしょうか?

治療としては、胃の蠕動を促すお薬を使いますが、入院をするほど嘔吐をされている、とのことですから、すでにお姉様はそういったお薬はお飲みになっていると思われます。

●十分な尿毒素の除去が大切

他の治療としては、もし糖尿病があれば、その糖尿病のコントロールをきちんとすること、糖尿病の有無に関わらず、透析での尿毒素の除去を多くすることがあります。

3時間の透析というのは短いように思われますが、お姉様の透析での尿毒素の除去は十分でしょうか?

●便秘との関係

便秘が、嘔吐や吐き気に影響をしている可能性はあると思います。

便が滞っていると、食べ物が進みにくくなりますから、上に書きました機能性胃腸障害が悪くなることがあり得ると考えられます。

もしそうだとすると、蠕動をよくするお薬だけではなく、下剤などをうまく使って、お通じをよくしてあげることも大切だと思います。

主治医の先生とよく相談をしながら、今後の治療の方針をお決めになって下さい。

お姉様の吐き気がおさまって、快適な日常を送られるようになることをお祈り申し上げます。

 

【その後の経過のご報告】
翌月に、質問者様から、このようなご連絡がありました。
「最近は、食べる前に飲む胃薬を処方してもらい、気持ち悪さが改善されてきたようです。
また、ドライウェイトについても先生と相談しているとのことです。
また悩みがでたらメールしてしまうと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします!」

 

[回答日 2017/5/23]

 

▲ページトップへ