HOME > 透析Q&A > 活性型ビタミンD サプリ

>>前のページに戻る

透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(337)
透析の基礎知識の入手(6)
透析治療の導入(15)
透析治療について(129)
腎移植について(2)
日常生活・食生活(54)
合併症(80)
高齢者・介護(6)
保険・医療費・公的支援制度(8)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(6)
病院の選び方・つきあい方(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(11)
その他(34)

Q439.

母は10年ほど前に乳がんを患い、右乳房を全摘しています。 それ以来、採血や血圧測定を左腕でしていたのですが、左腕にシャントをつくった場合、左では採血などはできなくなりますよね? このような場合、今度採血や血圧測定などはどのようにするのでしょうか? 先生にお聞きしたところ、右腕でやればいいというお答えでしたが、それで大丈夫なのでしょうか?


大切なお母様が乳癌という大きな病気を克服され、現在は腎臓を悪くされているとのこと。
さぞご心配のことと思います。

まず、右の乳癌の手術をお受けになっていることから、シャントは左で作ることを優先させたいと考えます。

手術をお受けになった方でシャントを作ると、シャントの血液の流れが腋の下あたりで滞ることがあるからです。

さて、シャントを左に作った場合の血圧測定と採血ですが、右腕が腫れていなければ(乳癌の手術のあと、腕が腫れる方がいらっしゃいます)、右腕で採血をして、血圧も右で測定するということで問題ありません。

私共のクリニックでも、乳癌の手術をお受けになった方の血圧測定は、乳癌のあった側で行っております。

透析が開始になると、採血はシャントから行いますので、右から採血をすることは基本的にはなくなります。

 

[回答日 2016/12/26]

 

▲ページトップへ