透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(450)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(174)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
合併症(107)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(26)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q423.

きちんと食べていても尿毒素のせいなどで、その栄養分が身にならない。 または、透析不足で尿毒素が蓄積すると痩せるとも聞きます。 どうしてでしょうか?

筋肉でもぜい肉でもよいのですが、透析をお受けになっている方で太ることは難しいことです。
短期的には太ったり痩せたりがあっても、長い目で見るとお痩せになることがほとんどです。

●体重を維持するための3つの条件

太る、あるいは体重を維持するための条件はおおざっぱに言って次の三つが重要です。
(1)必要なだけ食べていること
(2)食べたものがきちんと消化管から吸収されること
(3)吸収された栄養分が、自分の筋肉やぜい肉になること(同化と言います)

透析をお受けになっている方では、自覚されない食欲低下があることが知られています。
ご本人は「食欲は普通にある」と感じていても、実際に食べたものの量を測定すると、同世代同性の平均を下回っていることが珍しくありません。

●きちんと量を摂取していても痩せてしまう

では、きちんと量を摂取している場合はどうでしょうか。
消化器の働きが十分でないと、食べていても吸収の程度が悪くなってしまいます。
また、吸収された栄養分が上に書いた同化の作用により身になってくれなければ、結果として痩せてしまうことになります。

尿毒素は何十種類も見つかっています。
そのうちのどの毒素が原因なのかを特定することは難しいのですが、それらの尿道その影響により、消化管の働きが阻害されたり、同化のメカニズムがうまく働かなくなったりしていることが想定されています。

長期的にお痩せになることが多いのには、こういった要因があるものと考えられています。

 

[回答日 2016/4/25]

 

▲ページトップへ