HOME > 透析Q&A > シャント シャント手術 維持 寿命

>>前のページに戻る

透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(454)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(177)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
合併症(108)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(27)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q403.

PTAを行う場合、自己血管よりも人工血管の方が痛みは小さいものですか。また、PTAは痛いと聞きますが、局所麻酔をしない施設が多いと聞きます。それはなぜですか?

●PTAの痛みについて

PTAの痛みは、自己血管であっても人工血管であっても、あまり変わらないようです。

痛みに対する個人差が大きいことは穿刺と同じで、PTAを行っても、ほとんど痛みを訴えない方もいらっしゃいます。

●局所麻酔について

私の経験上ですが、拡張をさせるところ(ここが痛いのです)に、局所麻酔をしても痛みがほとんど変わらないとおっしゃる方が多いです。

また、上に書きましたように痛みを訴えない方もいらっしゃるので、私自身はPTAを行う場合の局所麻酔は最初の穿刺部のみとしております。

局所麻酔そのものが痛みを伴う注射ですから、この麻酔が効かなくて、PTAの痛みもあるとなると、二重の痛みになって申し訳ないと考えています。

PTAを行う先生の中には拡張させる部位に局所麻酔をされる方もいらっしゃいます。

もし拡張の際に痛みが強いようであれば、局所麻酔を行ってもPTAには支障がありませんから、事前にPTAを行う先生に、その旨をおっしゃっていただければ局所麻酔を行っていただけると思います。

 

[回答日 2015/6/30]

 

▲ページトップへ