透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(450)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(174)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
合併症(107)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(26)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q399.

腹膜透析して一年になります。 健康食品で、カルニチン、ビタミンCを摂っても大丈夫ですか。

●カルニチンについて

腎臓が悪くなった方はカルニチンが不足していることが知られています。

腹膜透析をお受けになっている方でも、カルニチンの補給は問題ない、あるいは、むしろ積極的に勧められると思います。

以前はサプリメントとして販売されていて、かなり金額のかかるものでしたが、現在は保険が適応される薬剤がありますので、主治医の先生と相談してみて下さい。

●ビタミンCについて

ビタミンCに関しては賛否が分かれるところです。

腎臓が悪くなると、酸化ストレスが増してくることが知られています。

体が錆びやすくなっている、などと言われますが、たとえば、動脈硬化の原因の一つに、この酸化ストレスがあると考えられています。

さて、ビタミンCは「抗酸化ビタミン」と呼ばれるように、酸化ストレスから私たちの体を保護してくれる作用を持っています。

だとすると、腎臓の悪い方では摂った方がよいビタミンだ、ということになります・・・が、ビタミンCを摂りすぎると、血液中のシュウ酸が増加することが指摘されていて、このシュウ酸の増加がかえって有害であるという報告があるのです。

私は、透析をお受けになっている方のビタミンCのサプリメントは好ましいものであると考えていますが、上記のことから、大量に摂取することは避けていただきたいと思います。

薬局などでビタミンCは一日1,000mgなどという量が売られていますが、ある報告によれば、血液透析(腹膜透析ではありません)をお受けになっている方は一日に75−90mgのビタミンCの補給が望ましい、とされています。

腹膜透析に関して、このように量を指定したガイドラインなどはないようですが、血液透析に準じて、一日100mg以内にしていただいた方が安全と考えています。

[回答日 2015/4/28]

 

▲ページトップへ