透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(458)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(179)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
仕事(5)
合併症(109)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(28)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q394.

透析治療を受けている人は、性交は出来ますか。 また、性交すると子宮頸がんになるリスクは高くなるのですか。

●性交について

血液透析であっても、腹膜透析であっても、性交は問題ありません。

ただし、腹膜透析をお受けになっていらっしゃる場合は、チューブが引っ張られないように気をつけていただき、また、おなかに強い圧力がかかりすぎないようにしていただきたいと思います。

性交は大切なことです。
透析をお受けになっているからといって、制限することはないとお考え下さい。

●子宮頸がんになるリスクについて

透析をお受けになっている方が女性の場合、性交によって子宮頸がんになるリスクが、
1)腎臓の悪くない人に比べて高くなるというレポート
2)腎臓の悪くない人と同程度であるというレポート

の2種類があります。

また、透析をお受けになっている方が男性の場合、そのパートナーの女性が子宮頸がんになるリスクは、男性の腎臓が悪くない場合と同じと考えていただいて良いと思います。

いずれにしても、子宮頸がんの検診は定期的にお受けになることをお勧めしております。


[回答日 2015/2/12]

 

▲ページトップへ