透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(452)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(176)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
合併症(107)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(27)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)


Q375.

透析をはじめて7年程になります。PTHの数値が300〜400と高くなりロカルトロールを使用しています。リンの数値も高く、主治医が「リンの数値が6.0以上だとロカルトロールは使用できない」と言われました。これは保険制度上の理由で使用できないのか、主治医の判断なのでしょうか?納得できないため転院も考えています。


●保険制度上の判断

保険制度上はリンの値が6を超えていてもロカルトロールが使用できます。

●命に与える影響が大きいのは「リン」

主治医の先生がおっしゃるとおり、リンの値が6を超えている状態でロカルトロールを使用することは、私もお勧めしません。

リンやPTHの値を下げる目的は、骨を守ることと命を守ることです。
そして、骨を守ることよりも、命を守ることの方が優先されます。

ですから、リンもPTHのどちらも下げておくことが大切なのですが、リンとPTHのどちらの方が命に与える影響が大きいかと言えば「リンの値」です。

●ロカルトロール使用とリンの上昇

ロカルトロールはビタミンDです。
PTHを下げてくれる作用を持っていますが、同時にリンとカルシウムを増やす作用も併せ持っています。
リンが高い時にロカルトロールを使うと、さらにリンが上昇してしまいます。

そして、リンが上昇することは上に書いたように、命を守るためには好ましくありません。
そこで、リンがきちんとコントロールされている(低下している)ことを前提に、ロカルトロールを使うようにしています。

●主治医の先生のご判断

このように、PTHを低下させる前に、まずリンの値を下げることは2012年4月に発表された日本透析医学会のガイドラインに記載されています。

少なくとも、主治医の先生の「独断」と言うことではありませんし、ロカルトロールを使わないという判断は、決して間違っているというわけではありません。

この点から転院をお考えになる必要はないと思います。


[回答日 2014/4/17]

 

▲ページトップへ