透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(459)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(179)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
仕事(5)
合併症(109)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(28)
医療・介護従事者からの質問(15)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)


Q367.

腹膜透析のためのカテーテル手術の後、いつから仕事が出来ますか?私は、訪問介護の仕事していますが、車椅子等、重い物を運ぶことは出来ますか?


●手術には2通りあります

腹膜透析のカテーテルを入れる手術には、大きく分けて二通りあります。

1つは、カテーテルを入れるだけで、手術の創(きず)が落ち着いてから腹膜透析を開始する方法で、場合によっては数か月カテーテルをいれたままで、腹膜透析を行わないこともあります。

もう1つは、カテーテルを入れた日やその翌日からすぐに腹膜透析を開始する方法です。

●第1の方法

第1の方法の場合は、術後かなり早い時期から仕事ができると思います。
状況にもよりますが、2〜3日あれば、復帰できるのではないかと思います。

カテーテルを引っ張らないように注意していただければ、重いものを持ったり運んだりしていただくことも可能です。

●第2の方法

2番目の、すぐに腹膜透析を行う場合は注意が必要です。

おなかの中に透析液を入れますので、手術創に圧力がかかりやすいのです。
その上に、重いものを持ったりすると、余計に腹圧がかかるようになり、創(きず)への影響が心配されます。

できるなら、4週間程度はおなかに力が入らないようにしたほうが安心と思われます。

いずれの方法の場合も、手術の方法によっても安静期間は異なりますので、主治医の先生とよく相談をしてからお決めになって下さい。


[回答日 2013/11/26]

 

▲ページトップへ