透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(458)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(179)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
仕事(5)
合併症(109)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(28)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)


Q366.

腹膜透析留置手術をしました。その時に、尿道の管を2日間入れたままで、排尿時、膀胱、下っ腹、排尿後が痛いです。これは尿道に管を入れているからでしょうか?手術したために痛くなったのか心配です。また、左横腹も痛くなりました。


尿道の管を入れたのは、手術後の安静を保つためですね。

その後、排尿時の痛みが出たのであれば、これは尿道の管のためだと考えられます。

痛みは次第に軽くなってくることが多いのですが、痛みが持続したり、かえって痛みが強くなるようでしたら、主治医の先生に相談をしてみて下さい。

切ったところの痛みは、多くの場合は数日で楽になってきます。
それまでの間は、必要に応じて痛み止めを使います。

ただ、左の横腹については、いただいたメールの内容だけでは原因が不明です。
通常、腹膜透析用のカテーテルを挿入する手術後に、左の横腹が痛くなることは多くないと思います(私の経験ではほとんどありません)。

この痛みが続くようであれば、やはり主治医の先生に相談をしてみて下さい。


[回答日 2013/11/18]

 

▲ページトップへ