透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(458)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(179)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
仕事(5)
合併症(109)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(28)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)


Q362.

67歳の母が週3回3時間、人工透析治療を受けています。主治医は、透析治療を受けていない方と同じくらい生きることができる言っていました。本当のところ、どうなんでしょうか?


●ご本人のお身体の状況、合併症対策等の医療面の充実でも異なります

腎臓の働きが悪くなり、透析治療が必要になると、尿毒素の影響などでお身体には様々なトラブルが起きやすくなります。

ですから、私たち偕行会グループでは、早くから合併症対策に取組み、全国平均を上回る、高い生存率の実績があります。
<参考>http://touseki.jp/gappei-prologue.html

さて、「透析をお受けになるようなお身体の状態の方が、腎臓の悪くない方と同じ長さで生きられるのか?」というご質問ですが、実際には難しいというのが正直な話です。

そして「実際にはあと何年生きられるのか?」ということも、とても難しいご質問です。

どのくらいの合併症をお持ちになっているのか、元々の健康状態がどのようなものであったのか、(漠然とした言い方ですが)ご本人の生命力が強いのか等の、さまざまな要因があり、一概には言えないからです。

●90歳を超えている方もおみえです

実際には、平均寿命の86歳を超えて、お元気に透析をお受けになっている方もおみえです。

実際に私どものクリニックにも90歳を超えている方もおいでです。

合併症をなるべく防ぐことによって、体調がいい状態を続けていただき、長生きをしていただけるように努力するのが、私ども透析医、そしてクリニックの役目だと考えております。


[回答日 2013/10/15]

 

▲ページトップへ