透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(450)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(174)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
合併症(107)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(26)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)


Q358.

透析中の液温について教えてください。 以前は、透析開始時自由に液温を設定できたのですが、担当医が変更になってから透析患者全員が一律36度設定となりました。 私の場合は、冬場は問題は感じませんが、5月になって暑苦しく感じて、汗が滲んできます。 液温変更をお願いしましたが、担当医が決めたことなので変更は出来ないとのことです。 液温はどのような設定が良いとお考えですか。


透析液の液温ですが、35℃から37℃の範囲で調節することが多いと思います。

●あらためて文献を調べてみました

今回、ご質問をいただいたことをきっかけに、あたらめて何冊かの文献を調べてみましたが、透析液の液温を36℃に固定すべきであるというものはありませんでした。

●液温を固定する理由(推察)

36℃で固定をされているとのことですが、おそらく主治医の先生のお考えでは、その温度が「生理的」だから、と言うことであろうと推測をいたします。

たとえば、血液が35℃に冷やされて、それがお体に帰ってくる(血管の中に入る)ということは生理的ではありません。

そのために36℃に固定をされたのではないか?と推察することは出来ます。

●私どものクリニックにおいての液温の設定

私どものクリニックでは、患者さんと相談をしながら(ご希望をお聞きしながら)液温を調節しております。

私の知る限りでは、治療中に暑いと感じたり、血圧が下がったりすれば液温を下げ、寒ければ液温を上げることは、差し支えはありませんし、実際にお身体に害があった経験もありません。


[回答日 2013/7/16]

 

▲ページトップへ