透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(456)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(178)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
合併症(109)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(28)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)


Q353.

透析をはじめて2年になります。自分自身で認識している症状は、血管痛以外はありません。今月の血液検査でCRP 定量が4.6という数値がでました。先月の検査では0.4でした。 どこか内臓疾患があると考えて良いのでしょうか? それとも、血管痛でこのような数値になるのでしょうか?


●CRPが上昇する理由

CRPはお体の中に炎症が生じると上昇する血液検査の項目で、正常範囲は0.3-0.5以下です。
ですから、先月は正常値で今月が高かったということになります。

透析をお受けになっているかたの場合、この検査を定期的に行うのは、隠れた炎症反応を早期に発見するためですが、血管痛ではCRPが上昇することは、まずないと思います。

炎症は感染(肺炎など)であっても、感染でなくても(たとえばリウマチなどの関節炎)CRPが上昇します。

●対処方法について

ご質問によると、血管痛以外に自覚症状はなく、お体の調子も悪くないようです。

このような場合は、時間をあけてCRPを再検し、その値が元通りに低下していれば(かつ、低下したままであれば)そのまま様子をみてよいと思います。

CRPが低下しない、反対に上昇する、低下したがまたすぐに上昇するなどこれまでにない動きがあれば、その段階でCRPが上昇する原因を探せばよいと考えます。

ですから、現時点では主治医の先生にお任せになってよいと思います。


[回答日 2013/4/27]

 

▲ページトップへ