透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(447)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(174)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(67)
合併症(106)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(26)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(36)


Q349.

透析導入直前から、手の爪に白い縦線が入り始めました。まもなく透析導入5ヶ月ですが、一向に良くならず、爪が波打ち先端の白い部分が増えてきて、皮膚側ももろくなっている様に思います。主治医から尿毒症の症状と言われました。対処方法はありますか?


●爪の変化の原因について

実際に拝見しているわけではありませんので、確定的なことは申し上げられませんが、 主治医の先生がおっしゃるとおり、腎臓が悪くなったことに起因する爪の変化だと思われます。

腎臓が悪くなってくると、ご質問のような爪のトラブルが生じることがしばしばあります。

尿毒素によるものと考えられていますが、詳しい原因はわかっていないと思います。

また、すべての腎不全のかたが、同じように爪の変化を経験するわけではなく、まったく変わらない方もいらっしゃいます。

●対処方法について

確実な治療方法はありませんが、透析効率を確保して、尿毒素をたくさん除去することと、食事で、タンパク質を十分にお摂りになることは大切です。

透析を始められる前にはタンパク制限をされていらしたでしょうし、透析が始まった後もタンパク質の撮りすぎはよくないとされています。

しかし、爪はタンパク質でできていますから、過度のタンパク制限は爪に悪影響を及ぼす可能性があります。

主治医の先生や、管理栄養士のかたと相談をしながら、現在の食事内容でよいのかどうかを検討してみて下さい。

また、「腎臓のせい」だと思っていたら、爪そのものの病気であったということもあり得ますので、1回は皮膚科を受診して診てもらっておくことは必要だと思います。


[回答日 2013/3/6]

 

▲ページトップへ