透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(447)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(174)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(67)
合併症(106)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(26)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(36)


Q325.

透析を受けている夫が無精子症でMD−TESEという手術を受ける検討をしています。手術は土曜日を予定し、局所麻酔と軽い静脈麻酔(プロポフォール)時間は約30〜40分です。月曜日の透析治療に影響があるかどうかを教えてください。

まず、プロポフォールと局所麻酔の併用で、MD−TESEをお受けになるとのことですが、私が診させていただいている方で、MD−TESEをお受けになった経験のある方がいらっしゃいませんでした。それを前提としてご覧下さい。

●透析治療を受けることについて

麻酔に関しては、いわゆる「軽い麻酔」となるようですので、透析治療をお受けになっている方でも安全にお受けになれると思います。
ですから、手術後の月曜日の透析で、特に問題となることはないと思われます。

●その他で予測されること

麻酔とは別ですが、万が一出血などがあれば、透析治療中に血液が固まるのを防ぐヘパリンという薬剤を他の薬剤に変更する必要が出てくるかもしれません。
これに関しては、MD-TESEを行って下さる主治医の先生から、透析の主治医の先生に連絡が入るはずですから、お任せして大丈夫だと思います。

また、手術前日の金曜日の透析ですが、MD−TESEを行って下さる先生によっては、上に書いたヘパリンというお薬を別のクスリ(フサンという薬があります)に変更するように依頼をされるかもしれません。
この点についても、手術前の透析治療を行う透析施設に連絡が入るものと思われます。


[回答日 2012/4/18]

 

▲ページトップへ