透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(447)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(174)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(67)
合併症(106)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(26)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(36)


Q320.

透析治療をしている母についての質問です。最近、母の足のむくみが目立ちます。心胸郭比は47.5%で、腹水もあります。心胸郭比が正常でも、ドライウエイトを下げた方が良いのでしょうか?低血圧が問題になっていますので、ドライウエイトを下げるとそちらの方も心配です。

●ドライウェイトについて

まず、原則としてむくみがあるときにはドライウェイトは下げることを検討します。
けれども、あくまで原則ですから、個々の患者さんの状態を診ながら決めていかなければなりません。

お母様のように血圧が低下しやすい方は特に慎重にドライウェイトを減量するかしないかを考えたいと思います。

●腹水について

腹水もあるとのことですが、むくみも腹水も同じように血管の外にある水です。

透析による除水では血管の中から(血液から)水分を除去し、一時的に血管内が脱水状態になります。
そのあと、血管外に存在する水分が血管内に引き込まれてむくみや腹水が減少するのです。

●リフィリングについて

このように血管外から血管内に水分が移動する(引き込まれる)ことをリフィリングと呼んでいるのですが、リフィリングがスムーズに行われるかどうかには大きな個人差があることが知られています。

リフィリングが速やかに行われる方は、血管内に水分が戻ってきやすいですから、血管内脱水になっている時間が短く、透析で血圧が下がりにくいのです。

一方、リフィリングがなかなか進んでくれない方では、血管内は脱水になるのに、血管外には水分が余っている状態となってしまいます。除水により血圧が下がって、ご本人も大変になりますが、むくみや腹水は残ってしまうという、水分のアンバランスが生じるのです。

●対処方法について

実際に診させていただいているわけではないので、断定はできませんが、お母様の場合もリフィリングが速やかに行われず、腹水やむくみがあるのに血圧が下がって、透析が大変になっているのではないでしょうか。

もしそうだとすると、ドライウェイトを下げても、楽にむくみが減ってくることは期待しにくいと思います。

リフィリングを改善させるためには、薬剤を使用しながら透析治療を行ったり、治療の方法を通常の血液透析から血液濾過透析(HDF)に変更したりします。

お母様にとってどのような治療方法がよいかは、主治医の先生と相談をしてみてください。



[回答日 2012/1/31]

 

▲ページトップへ