透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(454)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(177)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
合併症(108)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(27)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q308.

透析治療をしている主人がHDFという治療を希望しています。しかし、その治療は病院側にも設備面での負担があったり、他の患者さんがしていないので相談しにくいと話しています。主人の状態を一番良く把握してくださっている主治医の先生からの提案もないのに、私から相談するのも失礼ではないかと思います。どうしたらいいでしょうか。

まず、主治医の先生との間に信頼関係がおありになることが、とても素晴らしいと感じました。
だからこそ、相談しにくいというお気持ちもお察しいたします。

●まずは相談されてみてはいかがでしょうか

相談しにくいというお気持ちをお察しいたしますが、強くご希望されるのでしたら、ご相談されてみるのが良いのではないかと思います。

設備的にいいますと、すべての透析医療機関でHDFの準備ができているわけではありません。
ですから、主治医の先生からは、できないことは「できません」というお答えをしていただけると思います。

●奥様からの相談について

奥様からご連絡をされるのも同様です。
大切なご主人のことを思っての相談なのですから、主治医の先生に対して失礼になるなんてことはないと考えます。

おっしゃる通り、ご主人のお体の状態を一番把握されているのは主治医の先生です。
ですから、ご主人にとってHDFが不向きであると判断をされているのかもしれません。

私たち医療従事者は、外来通院の場合、多くは患者さんご本人とだけコミュニケーションをとっております。状態の悪いときなどをのぞけば、ご家族と連絡を取り合うことはあまりありません。

しかし、できれば、ご家族にも病気や治療のことを少しでもご理解いただければと考えていますので、ご家族からこのようなご質問やご相談があると、ご家族が患者さんのことを心配され、また、あれこれ手を尽くして情報を入手しようと取り組んでいらっしゃることがわかり、心強く感じることもあります。

ですから、相談や質問をされることを、あまりためらう必要はないと考えています。


[回答日 2011/9/26]

▲ページトップへ